2017年 03月 07日 ( 2 )

今年も仙台へ(二日目)

3月5日(日)
ツアーでは毎年、被災地の視察に行っています。
バスに語り部さんが同乗し、震災当時と復興の様子をお話しいただきながら被災地を回ります。
今年は東松島市の旧野蒜駅を中心に高台に移転させた野蒜駅、長音寺、宮戸地区、野蒜海岸を視察。

旧野蒜駅舎は津波の直撃を受けましたが残った建物。
建物の後ろにあったホームも辛うじて残っていました。
その前後はレールも枕木も全て流されなくなっていたそうです。
改修し今は「震災伝承館」として震災の記憶を伝えています。
高窓の下に襲って来た3.7mの津波高さが赤いラインで示されていて見て
手足が震えていました。
これまでの視察でも津波高さを示す看板を見て来ましたが
実際に自分の足で立ち、津波の直撃を受けた建物の中で見たのは初めてでした。

バスを降り大高森にも登りました。
大高森山頂では皆で景色を見渡しながら、これまで行った被災地の話しにもなりました。
一人では足を運ぶことが難しい被災地を訪れることができることに皆で感謝しました。

そして松島へ移動してフリータイム。
リスナーさんお友達と4人で修復が終わった瑞巌寺を見学。
その後は予約していた港の牡蠣小屋で蒸し牡蠣にてランチ!のはずが
バス出発時間が早まり30分しかない!!
牡蠣小屋のおばちゃんが沢山食べられるようにと
せっせと殻剥きを手伝ってくれるので、牡蠣のわんこ蕎麦状態(汗
お腹いっぱいと同時にタイムリミット。
お礼を言いながら立ち去る私たちに、おばちゃんが小屋の外まで出て来て
港を通る近道を大声て教えながら手を振ってくれました。
私たちも「また来るね~!ありがと~!」と手を振り替えしながらバスまでスタコラ(笑

行きの新幹線で、「きっと気付けば帰りの新幹線の中なんだよね」と話していた通り
濃い二日間は今年もやっぱりあっという間に終わったのでした。
係わられた全ての皆様、そして出会った全ての方々に感謝。
どうか来年も復興コンサートとツアーが決行されますように。。。

c0022913_17395462.jpgc0022913_17394742.jpgc0022913_17393997.jpgc0022913_17393344.jpg
[PR]
by studio-tsumugi | 2017-03-07 20:49 | my favorite | Comments(0)

今年も仙台へ(一日目)

6回目となる「つながる心つながる力・みんなでつくり復興コンサート・2017」
私は第2回から参加し始め今年で4回目、既に3月の恒例行事になっています。

毎年説明しているので割愛、ブログの新しい機能を使っちゃいます。

3月4日(土)
会場:東北大学百周年記念会館の川内萩ホール
指揮:石川星太郎
ゲスト:新妻聖子

さて、コンサートの感想
やっぱり仙台フィルの音って好きだ~♪
三列中央席で近過ぎない?と心配しましたが、昨年の20列中央よりも音が聴きやすい。
しかも楽団員・指揮者の表情や動きが良く分かる。
新妻聖子さんはマイクを使っていましたが生声も分かるくらいで
当初の心配を余所にかなり集中して聴けました。
ま、三列目で寝てしまったら目立つのでそれだけはするまいと心の誓っていたのだけど(笑
第一部は献奏のバッハ「G線上のアリア」から始まり、聖子さんの歌が中心。
最後は「わせねでや」を今年も宮城県仙台南高等学校音楽部合唱団が一緒に歌ってくれました。
やっぱりこの曲は泣いてしまう。。。
第二部はドヴォルザークの「交響曲第8番ト短調」
若きマエストロの熱い心が伝わりました。演奏も素晴らしかった!
終演後、ロビーでチェリストの山本純さんと昨年秋東京以来の再会。
「ブラボー!」とエアーで言いましたに、声出してよ~(笑 ですって。

そして今年も夜はオフ会へ
なんとマエストロ石川さんも参加!
仙台フィルのアンサンブルグループが被災者に届けた曲の演奏や
純さんとOTTAVAリスナーさんのピアソラ演奏で大いに盛りやがりました。
食べて飲んでスィングして、楽しい一夜でした。

二日目に続く…

c0022913_17385354.jpgc0022913_17390617.jpgc0022913_17392559.jpg
c0022913_17391159.jpg
[PR]
by studio-tsumugi | 2017-03-07 19:44 | my favorite | Comments(0)