カテゴリ:*柏崎の家* (新潟)( 25 )

海風が吹き抜ける

連休を使って1泊2日で * 柏崎の家 * に行って来ました。

両親の顔を見ること
そして3年目になる地場産材の家の経年変化を見ることが目的。

家から2キロくらい先が海。
海風が冬だけでなく夏も時間でかなり強く吹きます。

横殴りになる雨や雪、そして強烈な西日。
ひとつの家でも劣化は一律ではなく
方角や地形、道路や隣家との距離、場所場所で違って来ます。
自然とどう付き合えるか? 家造りには一番大切なポイントだと思う。


c0022913_1511368.jpg
メンテナンス項目をチェックした後は
座敷でゴロンと寝転がりのんびり読書。

強くて困る海風も
広縁越しに流れ込むと気持ちよく
いつの間にか眠ってしまいます。

東京暮らしは長くなっただけで全然垢抜けませんが
ふるさとは遠きにありて思うもの
自分の居場所はやっぱり東京になっているようです。
しみじみ…

滞在26時間。
沢山の食材と一緒に深夜、東京に帰りました。
[PR]
by studio-tsumugi | 2010-07-20 15:53 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(2)

*柏崎の家* 掲示板

c0022913_22434338.jpg*柏崎の家* ももうすぐ竣工から一年。
少し前に一年点検のため久しぶりに訪れました。

掲示板を設けたリビング一角。
しっかりと目的通りに使われていました。
家族の予定、子供達の学校や塾からの連絡、
地域の回覧事項などなど、所狭しと貼られています。

どこからも確認し易くでも目立たない場所。
必要な物だけど、
やっぱり見え過ぎるのは上品じゃないでしょ。(笑

因みに、左側に写っている大黒柱は地杉(越後杉)の200年生。
工務店さんが奮発してくれた自慢の材も、
一年で色に深みが増しました。

* 柏崎の家 *
[PR]
by studio-tsumugi | 2009-09-23 23:15 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(2)

新年 明けましておめでとうございます。

夜遅くまでDVDを観て
朝方まで買い込んだ本を読み続ける
なんとも贅沢なお休みを過ごしております。(^-^)

今日は天皇杯サッカーの決勝をテレビ観戦(チケット入手できず…)しながら
年賀状を確認。
姉からの年賀状に 「柏崎の家」 がスタジオ紡のHPからも見られます。
とのコメント入り。
ヤバイ! HPに掲載していない!!
よく見るとアドレスがブログになってます。
ヤバイ! いきなりバイクの写真じゃない!!

ガンバ優勝を見届け (おめでとう♪)
新年早々PCの前に座り、HPの手直しを始めます。

ふ~~ 一先ずってことでUP完了。

「柏崎の家」 の竣工写真はホームページの [ wroks ] よりご覧頂けます♪


それでは、お休みの続きに入らせて頂きます。(笑
「さよなら。いつかわかること」を見ながら…
[PR]
by studio-tsumugi | 2009-01-01 19:24 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(8)

* 柏崎の家 * の外構工事の報告メールが写真付きで監督さんから届きました。
しばらく雨続きだったので、晴れた昨日ようやくコンクリート打ち完了。
先に進んでいた造園作業ももう少しで一区切りの感じ。 (だと思うのだが?)
新しく植えた樹木も次の春からの芽吹きで、徐々に古株と馴染んで行くでしょう。

c0022913_11291624.gif



無垢材に包まれ、穏やかに差し込む光とペレットストーブで暖を取る。 
きっと暖かい冬になることでしょう。

これにて * 柏崎の家 * の報告は一先ず終了します。
後日HPに写真をアップしようと思いますので、その時は覗いて見てください。

次なる家造りもひとつひとつ丁寧に紡いでまいります。 ワクワク(^-^)♪
[PR]
by studio-tsumugi | 2008-11-13 11:57 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(0)

       そろそろ * 柏崎の家 * ネタも終わりにしようかな…と思っていたところ、
         もっと見たいとの声がちらほら届きましたので、もう一記事。(笑

c0022913_16103695.gif

         ここ、何の部屋かわかります? 
         奥は台所、左のランマ付き引戸を開けると洗面所に繋がります。
         題名からお気付きの方も多いと思います。


c0022913_1612355.gif

         正解は [ 洗濯室 ] でした。
         三世代同居の重要な問題、それは毎日の洗濯物との格闘。(汗
         お天気の時は勝手口外の干し場で太陽の下で乾かし、
         そうでない時はこの部屋に除湿機をかけて乾燥室に早変わり。

         ランドリールームまでは無理な状況でも、
         外と室内どこに洗濯物を干すか?
         裏方部分の大切なポイントだと思っています。
[PR]
by studio-tsumugi | 2008-11-12 17:04 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(2)

* 柏崎の家 * には中廊下があります。
狭く暗い感覚を和らげる工夫として、ランマを付けたりガラス戸にしたり、
そして階段に手摺壁を設けず開放的にしました。
2階窓からの光が降り注ぎ、夕方まである程度の明るさが続きます。
もちろん上り下りし易いちょっと幅広ゆったり階段設計なので怖さもありません。
逆に子供がここから飛び降りて遊んだら、こっ酷く怒られるだけです。(笑

c0022913_17434730.gif


閉じた空間と開いた空間を家によってどう捉え表現をするのか。
意図を持って設計したことと、出来上がったらなってました… はまったく別のもの。

閉塞感を少しでも和らげる工夫として
以前、全面改修工事をした時の光の取り入れ方法にも共通しています。
[PR]
by studio-tsumugi | 2008-11-07 18:19 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(4)

* 柏崎の家 * 障子戸

* 柏崎の家 * も今週の駐車場や犬走りなどのコンクリート外構工事が終われば
本体関係の工事が本当の意味で一区切りします。
その後も年内中は造園作業が続くと思いますが、なんとか建築が家に落ち着きそう。

今回は障子戸のご紹介。
久しぶりに板の間にも障子戸を納める仕事をしました。

年末の大掃除に障子の張替えを家族みんなで行う。
確かに手が掛かって面倒な作業ですが、ひとつの行事になっていました。
好き勝手にブスブス破いて剥がしたり、
かと思うと水でノリの部分を丁寧に湿らせ一枚をキレイに剥がす競争をしたり、
お手伝いから自然と物の扱い方を学ぶよい機会だったと思い返しています。
機能としても美としても優れている、それが障子戸だと思います。


c0022913_13305674.gif

< 西側にある食堂の障子 >
西日の時間は眩し過ぎるので調光にはぴったり。
両側に引き分けて開けるので、朝から夕方までは窓全面で田園風景が望めます。


c0022913_1336455.gif

< 東側の居間掃き出し障子 >
2間間口を3枚で構成。 左に戸袋があり障子と木製ガラス戸が全開放できます。
庭を室内に取り込む、デッキによる繋がりで充分に楽しめます。
腰板を付けたのはデザインだけでなく、冬場足元の冷気の感じ方も考慮したため。
この障子戸の冷気対策は他にもいくつか細工を取り入れています。
柔らかい光の感じがやっぱりいいですね。


c0022913_13462039.gif

< 寝室の障子 >
コーナーに掃き出し窓と腰窓を配置。 桟の高さを揃えて掃き出し側には腰板を付けました。
寝室なので程好く外を見たいでしょう、と考えガラスを入れた雪見にしています。
就寝中、外灯や車のライトが気になるようなので、サッシと障子戸の間には
遮光ロールスクリーンも取り付けています。

c0022913_13524242.gifc0022913_13525968.gif
[PR]
by studio-tsumugi | 2008-11-03 14:22 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(10)

c0022913_1151724.gif* 柏崎の家 * の見学会。
玄関に入ると一同皆さん見上げて 「 ほぉ~~ 」
と感心されていましたが、
さて何名の方が足元に気付いたでしょう?

下小屋での刻みの時から、いや図面の段階から、
この材の納まりを想像。
格天井(ゴウデンジョウ)・差し鴨居(赤身の柾!)も
もちろん見事ですが、足元にも気を遣わないとね。
この家の顔になる空間なので、敷居も平角1本で
頑張りました。

見学会では全体のバランスを一番に感じて欲しかっ
たので、ほらここ!と指して説明はしませんでした。
見る人が見て気が付いて頂ければそれで良し。

敷居の話し
[PR]
by studio-tsumugi | 2008-10-31 11:50 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(4)

* 柏崎の家 * 秋の早朝

c0022913_9303115.gif

見学会の当日、早朝現場を訪れる。
昔から東側がメインの我が家、やっぱり旭が似合わないと様にならない。

外壁は越後杉の目板張りに黒に近い塗装と漆喰塗り。
そして屋根は県産安田瓦のねずみ色。

真ん中は引き分け縦格子の表玄関。
左の奥まった建具は内玄関、この後外壁と同じ色に塗装します。
右側は居間の木製建具。 
網戸・ペアガラス戸・障子戸がそれぞれ3枚、12尺全開放です。
濡れ縁には屋根も設けました。多少の雨でも開放出来ますし、持ちも違うと思います。
室内からの庭との繋がりもよくなりました。

田舎の空気に溶け込みすぎず、浮きすぎず、を心がけましたが、後は庭次第。
アプローチは左側に造り変えます、その作業が昨日から始まっています。
まだまだ時間が掛かりますね。
[PR]
by studio-tsumugi | 2008-10-24 10:10 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(0)

* 柏崎の家 * の見学会と引渡しが終わり、一先ず東京に戻りました。
結局携帯でのブログ投稿なんてしている暇はありませんでした。(笑

c0022913_17173946.gif見学会には90組ほどの方にお越し頂きました。
工務店さんの営業努力の賜物です。
復興ラッシュで既に他で建築中の方や同級生も来てくれました。みなさん、ありがとう。

設計者として嬉しかったことは、空間構成と風の通り道を考えた窓配置に説明を加えなくても感じて頂けたことです。

ほぼ営業のみなさんに接客はお任せして、見学者の表情や言葉を遠目で見ながら、伝え続ける意味を改めて感じました。



c0022913_17383976.gif私がいつも取り組んでいる家造りが、地方でもなかなか辿りつけなくなっている現実。
その空間に立つことで、忘れ掛けていた感覚をみなさん呼び覚ましている、そんな気がしました。

一先ず引渡しは終わりましたが、手直しや追加工事にまだしばらく掛かりそうです。(汗
さくら住宅のみなさん、監督さん、お疲れ様でした。
でもまだまだよろしくね。(笑

設計検査をしながら、なんとか写真を撮影。
少しづつアップしようと思います。
[PR]
by studio-tsumugi | 2008-10-21 17:43 | *柏崎の家* (新潟) | Comments(8)