カテゴリ:本( 48 )

本棚シェイプアップ!

c0022913_12472020.jpg
処分するのだ、167冊。
古本屋さんにレッツゴー♪







で、帰りに新しい本を買ってくる。(笑
[PR]
by studio-tsumugi | 2015-05-06 13:02 | | Comments(0)

喉が鳴る鳴る41篇

c0022913_170138.jpg
本棚がいっぱいなので去年の冬から延々読み返し
手放す物と残す物を仕分けしていました。

本棚にも少しゆとりができたし
そろそろ新しい本を読みたいなーと思い
誕生日に購入解禁。
で、最初に手にしたのが 『 アンソロジー ビール 』
直ぐに飲みたくなる、 いえ、読みたくなる本。(笑
[PR]
by studio-tsumugi | 2014-07-11 17:37 | | Comments(0)

ぽわゎ~んとする本

c0022913_110993.jpg
『 和菓子のアン 』
和菓子で推理?
きつくない小説が読みたくなり手にした本。
なのにすっかり杏ちゃんの世界に浸ってしまっている。

ほのぼのぽわゎ~ん
心に残る感覚が心地良くって、眠る前に何度も読み返すくらい。
続編が出ればいいのに~。

昔デパ地下でバイトをしていた時のことを思い出す。
それぞれドラマを持った年齢の違う面白い人達に囲まれながら
これまたクセも色々なお客様を相手に仕事をしていたっけ。。。

美味しい大福が食べたくなっちゃった。
[PR]
by studio-tsumugi | 2013-02-02 11:38 | | Comments(6)

冬休みに読んだ本

c0022913_21214550.jpg
しばらく文字を目で追っているだけで
読んでいるとは言えない読書の日々でしたが
冬休みに入り、心置きなく読書三昧。

『拉致と決断』 蓮池薫
秋に読んだ物を再度読み返す。
正直、他人事ではない拉致事件。
たぶん何重にも感情をオブラートに包んでいる
と感じました。 
帰国した時の心の状況が少し伺い知れて良かった。

『アメリカに潰された政治家たち』 孫崎享
本を貸し借りしている友達から 「こう言っていいのかわからないけれど面白いよ。」 
と言われて借りた本。 言ってる意味が分かった! 
震災以降、益々大手マスコミ報道に疑問???だった私。
違う視点を知ることも、こう言っていいののわからないけれど面白い。

今年も読み、読み返し、その時々で感じることを楽しんで行きたい。
[PR]
by studio-tsumugi | 2013-01-12 21:45 | | Comments(2)

貸し出し中

c0022913_8515758.jpg
堤 未果さんの本はとても面白い。
この 「政府は必ず嘘をつく」 も内容がギッシリで
勉強になりました。

カバーだけがうちにあり、中身は出張中。

先日貸し出した友達が、更に読ませたい人がいるってことで
出張先からさらに出向していった。(笑

他にも貸し出し中の本が何冊かある。
1回読んでおしまいになるより、本が幸せだ。
[PR]
by studio-tsumugi | 2012-07-11 09:14 | | Comments(0)

本28・現場の読み物

c0022913_520120.jpg
現場に行ったらお弁当箱の横にこんな読み物が。
大工さん、渋いです。
[PR]
by studio-tsumugi | 2012-06-21 05:41 | | Comments(0)

c0022913_11210100.jpg
面白くてワクワクする。

読み終わるのが勿体ないけれど
先が読みたい。

そうだ、CDを見に行こう♪

ちょっと扉が開いた気がする。
[PR]
by studio-tsumugi | 2011-12-25 11:20 | | Comments(0)

c0022913_20341858.jpg
時代のせいかもしれませんが
政治家らしい政治家が少なくなったように感じます。

クリーンな政治は確かに大切ですが
アクの強さが足りないような…

政治までがCGになってはいないか?
現実を見て将来を見据える舵取りを
どの政権になってもお願いしたい。

面白い本でした。
[PR]
by studio-tsumugi | 2011-12-11 20:55 | | Comments(0)

本・25 美女と竹林

c0022913_13363759.jpg
他は全部読んじゃって、この本しかない。
読んでも読んでも進まない。
だってすぐに眠くなるんだもん。

うーん
結局、面白さが分からなかった。
この残念さ加減は久々だ。
[PR]
by studio-tsumugi | 2011-12-02 14:00 | | Comments(2)

c0022913_10152495.jpg
これまでの出来事を振り返ると
懐かしく思えたり、まだチクリと痛んだり。

思えばあれが分岐点だったと
感じることもいくつかあり。

誰とも比べられない起伏を
この本を読みながら思い出した。



児玉清さん的、美しく負ける。
おこがましくも、同じ感覚。
もちろん、厚みは違いますが。。。
[PR]
by studio-tsumugi | 2011-08-19 10:15 | | Comments(2)