土砂災害区域の建築

九州の豪雨災害は本当に大変なことです。

どこで起きても不思議ではない自然災害。
備えあればといいますが...
建築に関しては費用もかなり高額になるので難しい問題でもあります。

これから着工する家は「土砂災害警戒区域」に入っています。
土砂災害防止法の区域には「警戒区域」と「特別警戒区域」があり
対策に大きな違いがあります。
「警戒区域」は災害情報の伝達や避難が早くできるように市町村が警戒避難体制の整備を図る。
「特別警戒区域」は居室を有する建築物は、作用すると想定される衝撃等に対して
建物の構造が安全であるかどうか建築確認がされます。
即ちガケが崩れてきたり土砂が流れて来た時に構造が安全である家
又は構造が安全である高さ2mの塀を造るとしなければ家を建てる許可が下りません。


「特別警戒区域」でなかったことに安堵しただけでいいのか?
地域全体が山から続く地形のため気持ちは複雑ですが、ホッとしたことは間違えありません。
もちろん、確認申請で東京都安全条例のガケに対する検討もしっかりクリアしているので
問題なく建築可能な住宅です。
そう言っている時点でやはり安全より費用を優先に考えている自分に気付き悩む…

「昔から代々暮らして来た土地だし何かあっても仕様がないよ」 と建て主さん。
どこまでやっても完全はないと分かってはいても、やはり難しい問題です。


c0022913_18242991.jpg

c0022913_18243842.jpg


[PR]
# by studio-tsumugi | 2017-07-12 14:15 | お仕事中 | Comments(0)

フットサル大会

半年ぶりにフットサル大会に参加しました。
私が所属しているチームはリーグ戦には登録していないので
練習試合以外は新年の大きな大会に年一回出るくらいなのですが
今回は近隣4チームで行う大会に参加させていただきました。

普段は週に一度、和気あいあいゲームを楽しむチーム。
が、
優勝賞品が山形直送サクランボ、佐藤錦と知ったとたん
テンション上がる上がる!、笑


走って、蹴って、まもって、ゴールして
なんと優勝!!
しっかりサクランボ持ち帰りに成功しました~(^-^V

頼もしいチームメイトに恵まれ幸せ♪

この日は私の誕生日。
私らしいアラフィフ誕生日(o^^o)でした。


c0022913_11022454.jpg

c0022913_11023188.jpg


[PR]
# by studio-tsumugi | 2017-07-08 11:42 | my favorite | Comments(0)

植栽で家は潤う

マウンテヴューの家の造園工事が終わりました。
名前の通り山に囲まれた家なので植栽は控えめにしましたが
緑があると家の佇まいが変わり、潤いを感じます。

玄関までのアプローチは横からアクセスするようにあえて正面に坪庭を配置。
メインツリーはアズキナシ、低木にシロヤマブキとヒメズイナ、下草にヤブコジとミズヒキ。
お隣さんの車出し入れに支障がないよう、手前にはタマリュウを敷き込みました。
庭へのアプローチ側には木製階段下にユキヤナギ。いずれブロック上から枝垂れるでしょう。
庭はあえて真ん中にメインツリーのヤマボウシ、階段とウッドデッキ横に常緑のナンテン。

造園屋さんに植えていただいた樹木は里山に自生している植物でまとめ
これから住まい手がご自分たちで作る余白も残しました。

最近はコンクリートで覆われてしまった住宅街も見かけますが
小さくても緑のある住まいはグッと素敵に見えます。


c0022913_15000769.jpg
c0022913_15002009.jpg
c0022913_15001429.jpg


[PR]
# by studio-tsumugi | 2017-06-25 15:02 | お仕事中 | Comments(0)

調布国際音楽祭

打合せの帰りに途中下車し、調布国際音楽祭の会場へ寄ってみる。
土日の予定がはっきりしなかったので前売りは買わずにいた。
残席わずかの当日券をゲット!
コンビニでパンと野菜ジュースを買い、急いでお腹を満たし会場に駆け込む。

聴いたのはフェスティバル・オーケストラの演奏。
昨年発足し、プロとオーディションで選ばれた学生を含むアマチュアで編制されている。

前半はどことなく硬さが感じられたのですが
後半の途中から雰囲気が変わり始め(と私は感じた)
最終演目「イタリア」はとても素晴らしく会場の熱が上がったように感じるくらい。

好きな「イタリア」を予想以上の演奏で聴けて幸せな気持ちのまま帰宅。
家に着いてから友達も音楽祭に来ていたことを知り、飲み損ねたーと悔いる…
ま、近所の演奏会は気の向くまま立ち寄れるところが利点なので致し方なし。(笑


◆演奏曲目◆
J. S. バッハ:管弦楽組曲 第1番 ハ長調 BWV 1066 (鈴木雅明 指揮)
ベートーヴェン:交響曲 第4番 変ロ長調 op. 60(ポール・グッドウィン 指揮)
メンデルスゾーン:夏の夜の夢 序曲 ホ長調 op. 21(ポール・グッドウィン 指揮)
交響曲 第4番 イ長調「イタリア」 op. 90(鈴木雅明 指揮)


c0022913_16513315.jpg




[PR]
# by studio-tsumugi | 2017-06-19 17:51 | my favorite | Comments(0)

「耕す庭の家」お引渡しが無事にできました。
見学会と雑誌取材も同時に行ったので、手を離れる淋しさを感じる間がない一日でした。

雑誌のライターさんや見学の方々に家造りに込めた思いをお話しして下さった建て主さん。
どんな場所でどう生活するか、見せかけではない本物を感じ取れる生き方に
年下の若いご夫婦ながら尊敬しています。

「耕す庭の家」は25坪の小さな家です。
シンプルにスッキリ暮らせるように目的に合わせた収納を多く作りました。
リビングはソファーもダイニングテーブルも置かず、棟梁に作ってもらったちゃぶ台ひとつ。

窓は風の通りとお隣さんの緑を借景を考え配置しました。
例えば玄関に小窓を付けドアを開けなくても換気ができます。
階段窓を開けるとお隣の立派な木が青々と見えます。

和室は建て主さんの拘り。
楮を刈る作業から始め、自分たちで和紙を漉き貼った障子。
漉く和紙の大きさに合わせて障子桟をデザイン修正しました。
石垣貼り、と言う貼り方がこの家にとても合っています。

建て主さんも職人さんの技術を見て触れて会話して
建築中からたくさんの思い出と良好な関係が築けたことが何より嬉しい。
秋野菜に向け畑計画も着々と進めている様なので、耕す庭の家のこれからが益々楽しみです。


c0022913_10165389.jpg
c0022913_10170489.jpg
c0022913_10171538.jpg
c0022913_10352333.jpg





























[PR]
# by studio-tsumugi | 2017-06-16 11:10 | 東京の木 | Comments(0)