c0022913_21232377.gif
 なんかさ~
 ケイトみたいにね








c0022913_21233663.gif
 いまいち
 きまってないよーな
 きがするけど…








c0022913_21234829.gif
 どーおもう?






 そーおもう。
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-14 21:28 | Comments(1)

バレンタイン・ライブ♪

c0022913_11395676.gif夕べはシルフレイに下北沢でちょっと有名なバンド、ネーキーズのバレンタイン・ライブに行ってきました。

カッコイイ~
写真→はちょっとコミックか?パンクか?
な感じですが、これは彼らのシルフレイ用の茶目っ気。
音はジャズやソウルのテイストが効いていて心地よいスイング。
声もイイ! これはポイント高!
ただ、愛だ恋だと歌うのでない歌詞も気に入ってしまったよ~。
もうひとつ気に入ったのがドラムの太鼓をドコドコ足で叩く道具。これだけほしい!
食事はもちろんオーガニック・フード、酸化防止剤が入っていないワインも美味。
来年も楽しみにしていま~す!

c0022913_1234135.gifc0022913_1235026.gifc0022913_124020.gif
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-12 12:10 | my favorite | Comments(4)

勝手に腕枕

本日ブログ日和ってことで3記事目。

食器戸棚の捨て猫ケイト
キーボードでタイピングしている腕と腕の間に入り込み
ちゃっかり居座り体勢、その名も 「勝手に腕枕」 の技に持ち込まれます。

おっ、重い、どいてくんない?
 (こっちを見ずに)…無視
ねってばさ~。
 (片耳伏せて不満そうに)なんで?
だって腕しびれて来たし~。
 (伏目がちに)ちっちゃいこと言うなよ
すんません…

c0022913_23544024.gifc0022913_23545219.gifc0022913_2355152.gif
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-12 00:08 | Comments(4)

~講座のお知らせ~

東京の木で家を造る会 ・ 森林と住まいの講座  Vol.10 - No.1
  
「化学物質はどこまで影響あり?」  のお知らせ

c0022913_15403617.gif安全・安心は住まいの基本と私たちは考えます。
何を基準にするか、答えはひとつではないでしょう。
今回は家に使われる素材を取り上げ考えます。

工務店の社長がまだシックハウスと言う言葉がない
時代に体を襲った化学物質の体験談を聞きながら
ディスカッションします。
是非、ご参加ください!お待ちしています!!

■ 内容  一部 : 「東京の木で家を造る会」の住まいづくり
              杉浦千城(タテキ) 東京の木で家を造る会設計
        二部 : 化学物質過敏症の方の体験を聞きながらディスカッション

■ 日時  平成17年2月19日(土)  13:00 ~ 16:00 (受付12:30~)
■ 場所  東京都農林水産振興財団会議室 (JR立川駅徒歩10分)
        ※お申し込み後、地図をお送り致します。
■ 参加費 1,000円
        ※当日受付にて集めます。

■ お申し込み・お問い合わせ
       スタジオ 紡 *studio - tsumugi* 林 まで
       ここから「非公開コメント」か右側の「メールしよう!」よりどうぞ。

       東京の木で家を造る会 事務局 
        TEL 0428-20-1088       まで 

                  (写真:東京の木を使った設計、長谷川敬アトリエの現場です)
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-11 15:46 | 東京の木 | Comments(0)

昨日の続き…

午後からは建具屋さんにおじゃまして実際に作る工程や苦労話しを伺いました。

c0022913_9542086.gif色々な樹種の木と機械や道具が整然と置かれています。
昔は大きくて質の良い木が手に入ったそうですが、今では小さい上に高いので材料選びにも一苦労。
遠い有名産地の木はもちろん素晴らしいのですが、地杉や桧(東京の木)もけして引けを取らないそうです。
フラッシュの建具は丁番が付くものはビスの効きがいいタモを心材に使ったり、

c0022913_10303113.gifまた表と裏で張る材料が違う場合、始めから少し反らして作ったり。ところが両面同じ面材でも生産元で反り方が違ってくるのだから厄介ですよね。
時間が経っても不具合が出難い様に長年の経験で一本一本決めているそうです。
最後にその辺にあったランバーに大手を付ける作業を見せて頂きました。
設計からするとこの大手は薄くしたくなりますが、これもまた現場での吊り込みの時にここを削って造作枠とピッタリ納めるそうです。
なんだか伺っていると一枚の建具が出来上がりそれが家の中で問題なく取り付けら、使い続けられることの技術たるや…

c0022913_10462353.gif子供の頃、戸の開け閉てを乱暴にすると「カミナリ」を落とされたことを思い出しました。
今の子はどうなんだろう、怒られるのかな?
「子供は自由にのびのびと!」とはちょっと違いますよね…
今では既成の建具が多くなり、建具屋さんでもカンナを使わないところが増えたそうですが、こちらはお二人のご子息が技を受け継ぐべく、一緒に作業されていました。
一安心ですね。

c0022913_10564749.gifとっても楽しく勉強になる一日。
これからはちょっと違った目で建具の設計が出来そう。
でもデザインも忘れちゃいけませんね!


ペレットストーブもいいけれど、こんなストーブも日常に染み込んでいる感じがあって
とっても好きです。
蒔きも建具屋さん仕様?かなり細身です。
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-11 11:45 | 東京の木 | Comments(0)