昨日は「東京の木で家を造る会」のプロ向け勉強会で建具職人さんのお話しを伺いました。
設計で図面に記載した建具の高さやデザインが、実は材料の大元、山での玉伐りにまで関係してくる… と言うとっても奥の深い現実問題や、職人さんの経験と粋な拘りの数々を拝見でき、とっても充実した勉強会でした。

c0022913_22313019.gifまずは日の出町の「浜中材木店さん」にて建具の高さと玉伐りの関係のお話し。
建具に使う木は樹齢100年以上の元玉(一番根元の部分、一番玉ともいいますよね)、しかし赤身が赤か黒か、また丸太の懐具合(節があるかないか)など製材して見なければ分からない、バクチの様な感じ。
元玉は4mで伐るのが通常でしたが、最近は建具の高さが高くなり種類も豊富で4m、5mあるいは6mと山側でも頭が痛いところの様です。ただ長くしても歩留まりが悪くなる(捨てるところが多い)、かと言って使いまわしも難しい現実…
色んなサイズをストックしては?いえいえ無理ですよね。使われると約束のない材料を管理・保管する手間とリスクは容易に想像できることです。
話しはそれますが、この台車を運転させてもらったことあるんです!(ちょっと自慢)
工場長が手招きするので「なに?」と近寄ったら丸太をセットした台車を動かしていいよって。
しかも一人で動かしたんです!と言っても行って帰っての前後だけですけど。
でも帯鋸がだんだん近づいてギュイ~ン!と丸太に筋が入る感覚はゾクゾクしました。

休憩小屋では新しく入ったペレットストーブが試運転中で話しはペレットへと盛り上がります。
「浜中材木店さん」では端材をペレットに製造・販売しています。
その名も「東京ペレット」… 名付けた人たちの年代がばればれですよね(笑)

c0022913_22325465.gif右の黒いタイプはファンが付いているのですが音も静かで39kg、約4日分のペレットが入りながらわりとコンパクト。
下の赤いのは蒔きストーブでよく見かけるタイプのペレット版。ただちょっと音が黒のタイプより大きいようです。
赤いのの奥でやかんが乗っているのは第1号機、昔、国がペレットを研究していた頃の復刻版って言えばいいのかな。炎があまり見えませんが音がとっても静か、懐かしいスタイルもいいですよね。

c0022913_22333988.gifペレットの燃焼率は製造元にもよりますが
バーク(木の皮の部分)で7%、全木で3%、プレミアム(皮混ざりなし)で0.5%
燃えカスが出るそうです。
「東京ペレット」はプレミアムです。
東京の木で建てた家の端材はペレットとして生まれかわっているんですね。
太陽光も風力も水力も大切だけど、木の家で絶対に出る端材を燃料にするなんて、
とっても粋な感じがします。

と、建具の話しからまたまたそれてしまいました。
午後は建具屋さんに移動して… なんですが長くなったので続きは明日。
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-10 23:05 | 東京の木 | Comments(2)

c0022913_16141273.gifとっても久しぶりの表参道。
忽然と姿を消した(久しぶりだとそう感じるのかな)同潤会アパートメント。
延々と続く工事用フェンスを見上げながら
お!こんなところで風力発電ゼファー発見、
がんばって回ってます。
うちにも付けてみたいけど、なんせ11階は風が強すぎて羽がすっ飛んでいきそうで…
太陽光発電のパネルはもっとデザインできないのかな?
なんてデジカメ片手にまたまたあっちウロウロ、こっちウロウロしていたら
工事現場の警備員が怪しそうに見ている。
表参道は他にもいっぱいカメラを持った人が居るのになんで~(涙)
トホホ…な気分                   さりげなく後ろに「Tokyo Union Church」
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-08 16:38 | 寄り道 | Comments(0)

Tu!Lip,Kiss from Niigata

c0022913_152153100.jpg

表参道NESPACE新潟館で開催されていたチューリップイベントに出かけました。
会場には沢山のアレンジメントが飾られ一足早い春を満喫。
それにしてもとっても種類が多くてビックリ!
大正時代半ばからはじまった球根栽培が今や切花出荷全国1位、球根出荷全国2位になっているそうです。
地震、そして数年ぶりの大雪とまだまだ大変な状況は続いていますが、
がんばれ!新潟!! 春はきっと来る。

c0022913_155545100.gifc0022913_15555771.gifc0022913_1556625.gif
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-08 16:00 | 寄り道 | Comments(0)

ドラエもん

c0022913_18411743.jpg猫続きでなんですが…
未来から来た猫型ロボットと言えば
「ドラエもん」 ん?
「どらえモン」 どっちだっけ??
これは姪っ子のおもちゃ、なのですが見たとたん一目惚れ、欲しい~と駄々をこねて貰ってしまいました。
大きさといい顔だけってところといい、妙に気に入ってしまって。
裏側にはボタンが付いていて録音することが出来るんです。
しかも声が「大山のぶ代」っぽく再生!

そう言えば「ドラエもん」の声優さん達が交代するとか… 時代の流れをかんじますね。
な~んて本当はほとんど見たことがありません。
マンガ本も近所のお姉さんが持っていた物を数冊、読んだだけだし。
TVでも殆ど見せてもらえなかったな~。
そんな私でもなんだか惹かれる「どらえモン」、やっぱり魅力的なんでしょうね。
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-04 19:06 | my favorite | Comments(2)

飼い主の心 猫知らず…

私の席は南の窓側、この時期は猫に大人気のスポットとなります。
イスを次々と取られるのは当たり前。(既に三つ目に座ってます)
ぽっかぽかになり過ぎて熱くなると 「えっこらせ」って感じで今度は机の上に乗り、
ほてった体を冷まします。 で、こんな感じ↓。
キーボードを枕にして本気で寝始めます。 すっごい じゃま!
こんなんで仕事になっているのかって?
まったく、捗りません。 と、猫のせいにしたりして(笑)

チョビン、鼻の頭にまたホクロ増えたね…    紫外線に当たり過ぎなんじゃない?

c0022913_1759244.jpgc0022913_17591230.jpg
[PR]
# by studio-tsumugi | 2005-02-03 18:06 | Comments(4)