建て主さんとキッチンのショールームへ
奥さんがいろいろ触れらるように、さっと荷物を持つご主人。
あ~ なんと微笑ましい~

知識のないまま設備機器のショールームに行ってしまうと
十中八九、お高い方へ流れてしまうので
事前に予算に合いそうな物をまずは私がチョイスしておきます。

ショールームではそれを基準にアドバイザーから説明を受けると
夢と現実、憧れと使いやすさ、の見極めができます。

私は一番後ろで資料やスケールを持ちスタンバイ。
建て主さんが決め兼ね、不安な目で振り向いた時にアドバイスをします。
ショールームのアドバイザーさんにしたらやり難いのでしょうね、きっと(^-^;


スタジオ紡ではメーカーのキッチンを入れることもありますし
特注や木製でオリジナルをデザインすることもあります。

建て主さんの暮らし方、使い方、好みでキッチン選びも色々。
何がそのご家族に合うか話し合いながら決めて行きます。


c0022913_20102543.jpg
[PR]
# by studio-tsumugi | 2016-12-23 20:12 | お仕事中 | Comments(0)

建て主さんと大工の下小屋に刻みを見に行ったら
棟梁が太鼓梁に乗る小屋束を
丸い面に合わせノミで加工しているところでした。

継手の説明や手板を見ながらどこに使う材か
たっぷりお話し聞かせてもらっています。(^-^)

建て主さんがこういった家造りを望んでくれるから
技術を残す側も頑張れるのです。


c0022913_11273459.jpgc0022913_11274481.jpg
[PR]
# by studio-tsumugi | 2016-12-19 11:28 | 東京の木 | Comments(0)

年に一度開催されている多摩市の小中学生が製作した
「身のまわりの環境地図作品展」 の展示レイアウトを
縁あって数年前から私が行っています。

今年は437作品。
環境会議の担当の方がまとめた作品サイズをもとに
展示室の壁とパーテーションに割り付けを決めるお仕事。

そして展示最終日に会場に行って来ました。
第2展示室へお客さんの足がスムーズに向かうよう
来年からは途中の通路にも作品を展示することになりました。
どうせやるならより良くしたいですからね。

来年は入選作品の表彰式に合わせて来場してみよう。


c0022913_16194170.jpgc0022913_1620886.jpg
[PR]
# by studio-tsumugi | 2016-12-13 16:22 | 寄り道 | Comments(0)

うちの現場も地鎮祭

国立競技場が起工式だったそうですが
うちの現場も地鎮祭でした♪
設計変更はなく、見積もりだってちゃんと調整してここまで来たもんね。(笑

宮司さんが建て主さんにお供え物についてお話ししてくださいました。
意味を知ると行事の大切さを実感しますね。

2才の娘さんはお相撲好き。
宮司さんを行司と思いニコニコ(^-^)

建て主さんと棟梁がご近所に挨拶周りに行っている間
基礎屋の頭と工程について打合せ。
現場監督のいない工務店なので必然的に職人と直接話す時間も増えます。
本音を含め色々教えてもらえる良い機会でもあります。

さぁ、頑張りましょう!


c0022913_11364753.jpgc0022913_11365848.jpg
[PR]
# by studio-tsumugi | 2016-12-12 11:37 | 東京の木 | Comments(0)

板張りの外壁

足場が外れるといよいよ現場も追い込み!という高揚感。
まぁ、外れる前から大工さんを精神的に追い込んでいたようにも思うけれど(^-^;

奥多摩は外壁板張りOKの地域なので、全面南京下見板張りにしました。
正直、板張りの中でもとても面倒くさい (手間が掛かる) 仕上げ。
しかも外壁張りの時期に雨が多くて進めたくても進められないジレンマも重なり
大工さんには本当に苦労掛けました。
お陰様でとても格好良く仕上がったと思います!

外壁はオスモクリアーで塗装してあります。
オスモのクリアーはUVカット仕様ではないですが、逆にUVカットされないことで
後々の経年変化は一番味わいが出ると思います。
それもまた楽しみだわ~

それにしても仮設トイレが邪魔・・・(笑


c0022913_18303857.jpg
[PR]
# by studio-tsumugi | 2016-12-10 18:32 | お仕事中 | Comments(0)