手作り味噌仕込み ♪

今年も建て主さんの家、「耕す庭の家」で手作り味噌を仕込みました。


3キロの大豆をひたすら、ただひたすら、擂り鉢ですり潰します。

フードプレセッサーを使えば早いのですが

潰すのとカッターで切るでは何となく違う風味になる気がします。

気がするだけですが、笑


する潰した大豆に麹と塩を加え、よーく混ぜこねます。
空気を抜きながらカメに入れ酒粕でフタをしたら
最後に一番大事な「美味しくな〜れ〜」のおまじない。

杉板張りの風通しの良い涼しい食品庫で一年間寝かせます。
もちろん管理は建て主さんにお任せ、笑

よろしくお願いします♪



今年はこの家の障子紙、東京の和紙「軍道紙(くんどうがみ)」を

手漉きしてくれた方も娘さんと一緒に作りました。

建て主さんの奥様とママ友で、私も建築で繋がることが出来ました。

この家は手作りと自然に暮らす人を輪にしてくれる力があるようです。

また何か、手触りの良い面白い物を一緒に作りたい。

いろいろな想いが味噌と一緒に発酵中。。。



c0022913_12164209.jpgc0022913_12165299.jpgc0022913_12170425.jpgc0022913_12171143.jpg
# by studio-tsumugi | 2019-02-14 12:43 | | Comments(0)

豊洲市場視察

商工会議所の豊洲市場視察ツアーに参加。

市場の建物ははっきり言って残念でしかありませんでした。
大きく3つの建物で構成されていて、見学者用のコースがどこまでも続くのですが
2階のガラス越しに見下ろすスタイルでまるで工場見学。
ここまでして見学スペースを作る必要があったのか甚だ疑問。
市場、食堂、買い物、屋上緑化スペース、全てがブツ切りで繋がりを感じられません。

市場と見学者がもっと交われる、活気を感じられる組み立ては
生鮮を扱っているとは言え、そんなに難しいことだったのでしょうか?
ゆりかもめ線の駅が近く公共交通機関でアクセスできるのですが
びっくりしたのは観光バスが停車するスペースもないんです。
駐車場は無理としても、バスで来た観光客が乗降するバス停くらいあってもよくない?
東京都はここを観光地にする気は本当はないのかも。
だって正直、全然魅力なくて2回目はないと思ったもの。

超辛口はこれくらいにして。。。

豊洲市場を中から外から水上から見学するということで
最後は水陸両用バス 「SKY Duck」 に乗り、東京湾からも眺めました。
見学日はとても暖かく、バスの窓を全開にしても気持ちいいくらい。

マンションや商業施設、オリンピック施設があちこちにバンバン建設される街は
あと一年でもっと姿を変えるのでしょう。

地元から観光バスに揺られ大人の遠足。
普段交流する機会のない地元企業の方々との旅もたまにはいいものです。



c0022913_15360423.jpgc0022913_15361454.jpgc0022913_14431658.jpgc0022913_18014130.jpg


# by studio-tsumugi | 2019-02-09 15:43 | 寄り道 | Comments(0)

住んでいる団地内公園のベンチとテーブルの木の交換について
私を含む数人の理事と修繕委員で打合せ。

藤棚の下に10年くらい前に据えられたのですが
日差しを避けるための藤は早々に枯れてしまい
塗られたペンキも完全に剥がれてしまっています。

こまめに再塗装しないとまた10年後には同じことになるので
木以外にしますか?と提案してみたけれど

「やっぱり木がいいんじゃない、コンクリートじゃ冷たいし、樹脂製は汚れると汚い感じするし」

と年長の委員さんのご意見。

木は腐るから既製のものにしよう、となると思っていたのに。
いや、普通はそうなるでしょう。
ちょっと意外だったけれど、何か嬉しい。

「で、木を手配できるところは知ってるの?」

木×建築=私 ∴ 私が手配
新しい公式ですか?

次年度への引き継ぎまで後3ヵ月。
仕事より急いでやらなければ!
急げ~~~、汗


c0022913_11244189.jpg
# by studio-tsumugi | 2019-02-05 11:50 | お仕事中 | Comments(0)

東京都主催の「多摩産材を使った家づくり」コンクールで
設計監理した「耕す庭の家」が優秀賞を頂きました。
ありがたきしあわせでございます。

「耕す庭の家」は地産地消を大切にした暮らしを想う、若いご夫婦の住まいです。
大工による手刻みで無垢材と漆喰で出来た、小さく簡素な家を依頼されました。

広さや価格優先で、家を買う、ことが圧倒的に多くなっている中
自分たちの予算で出来る、無垢の木の家づくり、を選ばれた建て主さん。

それに応えるべく
使っている木材は仕上げ・構造・下地材まで全て多摩産材を使いながら
建築費を抑えるため、様々な工夫を取り入れました。
もちろん、生活のし易さもしっかり考慮!

小さな家にしたことで建物周りが広く取れ、風が流れます。
軒の出も大きく出来、夏の日差しを遮り、雨仕舞も良くなりました。
何より畑が広くなり、一年を通して耕す庭が実現しました。

暮らしの豊かさとは?
若いご夫婦に改めて教えてもらえた家づくりでした。
ありがとうございました。
そして、おめでとうございます。

カテゴリーの「耕す庭の家」から家づくりの様子がご覧いただけますので
よろしければ覗いて見てください。


無垢の木はいいですよ。
家の一部でもいいから使ったら
その心地良さにハマってしまうこと間違いなしです♪


c0022913_19011071.jpg
# by studio-tsumugi | 2019-01-30 19:48 | お仕事中 | Comments(0)

昆布を頂いた。

新潟の海側出身なので、昆布が苦手というと驚かれる。
でも食べるのは苦手でも出汁は好き。

これは美味しい出汁が取れそうです♪
鰹節が切れるから買ってこなければ。

煮物や汁物は取った出汁を使うようにしている。
煮干しで作ったお味噌汁なんて最高~

もったいがらずに使う。
オーガニックレストランのオーナーである友人の分量を知り
自分のケチさに気付かされたことを思い出す、笑


仕事にしている住宅の設計には 
無垢の木、自然の素材、を出来るだけ取り入れている。
家は身体をまるごと包み、その中で呼吸をし、生きる空間だから。

食べる素材は内側から身体を作る。
外食やジャンクフードも好きで口にするけれど
美味しい出汁で作った手料理を食べると、ほっとする。

ほっとできるって、幸せだもの。

c0022913_11525145.jpg
# by studio-tsumugi | 2019-01-24 12:43 | | Comments(0)