業務用厨房機器選び

業務用厨房機器を選びに建て主さんと業者訪問。
営業さんに案内してもらいながら
実物でサイズと使い勝手を見てもらい
想定していた見積もり依頼までのノルマ達成。

思いもよらない掘り出し物にも出会えホクホク♪
社長さんに値引きの念押しも抜かりなく行いました、笑

建て主さん、営業さんと話しているうちに

いくつもの偶然のような繋がりがあり
きっとここに呼ばれたんだね〜としばし歓談。

きっと好い方に流れていく。
いえ、流して行くのです!^_^

c0022913_09422981.jpg




[PR]
# by studio-tsumugi | 2018-05-17 09:59 | お仕事中 | Comments(0)

昨年夏から設計打合せをしていた大規模リフォーム工事が
来週からいよいよ着工です!

一戸建ての専用住宅だった家を
一部を店舗にすると同時に住居部分も間取りを変える大工事。
50坪を超える建物なので外構工事まで含めると約5ヶ月掛かります。

店舗はランチを提供する喫茶店で
車椅子やご年配の方が利用しやすいようにゆったりとした座席数にします。
お店がお休みの日は教室やイベントスペースとしても貸し出しを予定しています。

リフォーム後に絵はどれを何処に飾ったらいいかしら?と絵を出し始める建て主さん。
工事が終わるのはまだ先なので、またその頃決めましょう^_^
その前に後少し、片付け頑張って!


c0022913_14481666.jpg



[PR]
# by studio-tsumugi | 2018-05-15 15:06 | お仕事中 | Comments(0)

最近クラシックコンサートにお誘いいただくことが増えました。
もちろん自分でチケットを買い足を運ぶことも増えているのですが
チケットを頂いたり、格安で譲ってもらったり、本当に有り難い!

そんなこんなでお友達のご厚意に甘えた結果
2日間連続、東京オペラシティで演奏を楽しんで来ました♪
(業務連絡:もちろん夜7時からなのでしっかり仕事してから行ってます!)

1日目は東京フィルのベートーヴェン「フィデリオ」(演奏会形式)
超!超!超!素晴らしかった☆☆☆
演奏後の評判でも
「ミュンフン&東フィルのフィデリオ、火を噴く名演。
在京オケ史上に残る熱狂的歓呼。」
と書かれた通り、いつまでも続くスタンディングオベーションでした。
オペラは一回しか観たことないのですが、私には演奏会形式の方があっているかも。
歌と演奏に自分の中で広がる世界が重なって、思い出しても鳥肌が立ってくる~~~


2日目はバッハ・コレギウム・ジャパンの祝祭のカンタータ。
なんとパイプオルガンからスタート!
少人数なのにとっても厚みを感じる合唱と管弦楽。
ナチュラルトランペットが3人も珍しいらしい。
初BCJでしたが、ほぼ満席で人気の凄さを思い知らされました。
終演後にはお友達にくっついて楽屋へご挨拶にも行かせてもらっちゃった♪

東京オペラシティは音が良いと評判ですが
ホールのデザインがワクワク感を更に上げてくれて大好き❤
次は早くも6月1日にまたまたお友達のご厚意で東フィルの定期演奏会で再来場予定。

遊び過ぎな気もするけれど土日仕事も多いから神様見逃して、笑
楽しみのために、日々頑張るのだ~ p´▽`q


c0022913_14291966.jpg



[PR]
# by studio-tsumugi | 2018-05-13 15:35 | my favorite | Comments(0)

LFJ2018♪

連休恒例行事になったLFJに今年も行って来ました。

今年は2公演聞

公演番号M224   ピアース・ファッチーニ&トリオ
公演番号M226  llluminations

ここ数年はいわゆるクラシックではない
LFJだから聴けるミュージシャンの曲を選んでいます。

どちらもB7の小さ目な会場だったので終演後にステージ際まで行き
楽器を片付ける演奏者と握手してもらいました。

そうしたくなるくらい、今年選んだコンサートはどちらもよかったな〜♪
なのに会場半分しか埋まってなかった。
こんなこと今まであった!?

原因は概ね推測できる。
今年会場がいつもの丸の内エリア・国際フォーラムに
池袋エリアの東京芸術劇場も加わったのですが、広がったというより分散され
いつものお祭り感が薄まってしまったような・・・

しかも今年はottavaもNHKのらららクラシックも、どちらのサテライトスタジオもない。
特にottavaのあったガラス棟は車の展示場になってしまい
音も無い、人気もない・・・
来年はどうなっちゃうのかな・・・


c0022913_17225838.jpg



[PR]
# by studio-tsumugi | 2018-05-09 18:00 | my favorite | Comments(0)

13年前の家の補修工事

13年前に改装工事をした家で水漏れが発生。
設備屋さんが床下点検口から覗くも原因が分からず。
別の場所からも確認するため新たに点検口を開けることになった。

工事日に時間が取れたので顔を出した。
作業されていたのは13年前に工事してくださった大工さん。
御年82才。造作大工としてまだまだ現役で働かれていました。

あれ~、林さん、久しぶり~

飄々とした雰囲気もそのまま、笑

水漏れの原因が分かり代を継がれた設備屋の息子さんが
お客様に修繕方法を説明してくれ一先ずは目処が立ちました。

次の予定があり慌ただしく失礼しましたが
夕方お客様からもお礼のメールが届いていました。

長く暮らす家は経年変化による補修工事も当然つきものです。
メンテンスフリーはありえません。
そのことを理解されているお客様の対応にも助けられました。


c0022913_12500614.jpg




[PR]
# by studio-tsumugi | 2018-05-01 13:23 | お仕事中 | Comments(0)